メインに進む
ノート PC に注目する 2 人

フュージョン チームとフュージョン開発とは

デジタル トランスフォーメーション戦略の一環として企業が最新テクノロジの採用を推進すると、デジタル トランスフォーメーションを確実に成功させるために、社内チームの業務と相互のコミュニケーションを評価する必要が生じます。

こうした戦略の不可欠な部分を占めるフュージョン チームは、製品とソリューションをすばやく提供して顧客やクライアントのニーズを適切に満たし、ビジネスの成果とユーザー エクスペリエンスを両方とも高めます。

フュージョン チームとは

フュージョン チームとは、開発者、ユーザー、ビジネス リーダーで構成された分野横断的なチームであり、特化した技能と専門知識を活用して、1 つの共通目標に向けて製品の構築を支援します。フュージョン チームは、チームのナレッジと最新テクノロジを融合させ、製品とソリューションのより迅速かつ効率的な提供を実現します。

これは本質的に、組織の新しい働き方です。フュージョン チームはプロジェクトを端から端まで監督することで、アジャイル戦略を採用してさまざまなソリューションを作成し、全体的なデジタル戦略に統合します。このアジャイル戦略によって、ユーザーのニーズに基づいた、ソリューションの一貫したテストと変更を実現できます。チームはこの方法により、組織や予算に起因する失敗を恐れずに、計画の戦略を変更して意思決定を再構成し、ビジネスの重要課題に取り組むことができます。この場合、こうした課題に立ち向かう方法を、チームが自由に選択可能にすることが重要です。

フュージョン チームを導入することで、最終的な成果に至るための時間、工数、予算ではなく、最終的な成果それ自体に専念できます。フュージョン チームの基礎 によると、通常、フュージョン チームは特定の報告構造をもたないにもかかわらず、ほとんどの場合、チーム リーダーが IT 部門や IT 以外のビジネス領域に報告するようになります。IT と、その他のビジネス領域を隔てる境界線を曖昧にするフュージョン チームの評価は、IT を中心とした従来の提供モデルよりも高まっています。

フュージョン開発の手法

デジタル トランスフォーメーションの拡大にともない、組織が作成するべきアプリケーションに対して、それらを実際にすばやく開発できる能力を備えた開発者の需要が高まっています。この偉業を成し遂げるには、新しい製品やソリューションを構築できる開発者が必要ですが、彼らの時間をすべて、プロジェクトのノーコード工程に費やすわけにもいきません。そこでローコード開発者の出番です。

フュージョン開発チームにコーディング未経験の人材を取り込むことで、その課題が最も身近で、最も豊富なビジネス ナレッジを備えた人材から、メリットを引き出せます。この方法により、チームは最も困難なビジネス シナリオに取り組み、マネージャー、部門リーダー、IT 専門家がもつ多彩なスキルセットを活用し、ソリューションの開発を加速できます。このように、フュージョン チームの能力を発揮させるためには、コーディング経験が乏しいものの技術と組織に関する豊富なナレッジを備えた人材と、経験豊富な開発者を組み合わせます。

ローコード開発者は初期の課題への対応策を計画し、経験豊富な開発者は高度な技術的専門知識でそれを支援して、最終的な製品やソリューションの強化、拡張、展開を実施します。つまり、どちらのタイプの開発者も、特化したスキルセットをチームにもたらします。最後に、完成した製品やソリューションを、主要なユーザーのグループに提示します。こうしたユーザーは、より円滑なエクスペリエンスに求められる機能と必要な変更についてフィードバックを提供し、フュージョン チームは再びそれに取り組みます。

ローコードと経験豊富な開発者が一丸となり、ビジネス ニーズに対応してアプリのギャップを埋める明確でシンプルなエクスペリエンスを作成し、さらに経験豊富な開発者と連携することで、アジャイルなフュージョン チームが生まれます。フュージョン開発がトップダウンで浸透してくると、チームが人工知能 (AI) やチャット ボットなどの最新テクノロジを活用する可能性が高まります。

フュージョン チーム開発のメリット

フュージョン チームを組織に導入するメリットを、次に示します。

  • ナレッジ共有を大規模に促進する。 フュージョン チームが、通常は分断され、チームに参加しない従業員とも連携することで、社内全体にナレッジをより適切に広げることができます。チームが分断された状態では、従業員のつながりが損なわれ、チームの共同作業にナレッジの広がりを役立てる重要なタイミングを逃します。こうしたナレッジ フローの最大化は、通常は日常業務を外れた情報に関する、チーム メンバーの自然な相互学習を促進します。
  • 高速なデジタル トランスフォーメーション。 組織はテクノロジの急速な進歩についていく必要があります。アジャイルな戦略と俊敏さを備えたフュージョン チームは、最大 2.5 倍というは驚異的な速度で、プロジェクトとソリューションを展開できることが示されています。
  • チームの自律性を高める。 フュージョン チームは効果的なチームワークを促進し、さらに脅威とチャンスにすばやく対応して、より効果的な新しい戦略を作成できます。フュージョン チームは、官僚主義が抱える課題 (例: 多くの利害関係者、無駄な時間など) にとらわれずに、より大きな自律性を持って決定を下せるため、成功に貢献するモチベーションと、その成功に対する責任を各メンバーにより強く感じさせ、チームの士気を高めます。
  • すべてのチャネルで一貫したエクスペリエンス。 競争の激しい市場に対抗できる、一貫したオムニチャネル ユーザー エクスペリエンスを構築することは、進化を続ける現代のデジタル業界に欠かせません。フュージョン チームは常にテストを実施して、こうした結果からユーザーのニーズを測定し、基盤とするチャネルがどれであっても、ユーザーのニーズをすべて確実に満たします。
  • 顧客のニーズに確実に専念する。 これはチーム だけでなく、エンド カスタマーにも素晴らしいメリットをもたらします。フュージョン チームを導入すると、優れた製品やソリューションを顧客に提供する時間を短縮できるのです。フュージョン チームは、リアルタイムのフィードバックとデータをもとに顧客の課題を把握し、社内の複数の部門からスキルセットを集約して、こうした要望やニーズに対応してすばやく解決します。顧客インサイトと製品の浸透が組織の成功を決定づけるため、フュージョン チームはその難題を解決するため、徹底的に取り組みます。

フュージョン チームを組織する

フュージョン チームを組織する際は、ユーザーの要望と、それをビジネスが達成する方法に焦点を当てた、適切な人材を集めます。企業内の複数の分野に関するナレッジを備えた、さまざまな人材でチームを構成する必要があり、こうした人材には、顧客のニーズを特定して、そのニーズを満たすソリューションを構築するスキルが求められます。候補者は自分の部署だけで数百人にのぼる可能性があるため、仲間をサポートしてビジネスの目標を達成できるチームを構築するためには、必要な人材を絞り込むことが最善です。

フレームワークを整えなければ、顧客が抱える課題に立ち向かう能力を備えたチームは組織できません。フュージョン チームを組織する際に役立つ 4 つのステップを次に示します。

  1. 適切な用途を見つけます。 フュージョン チームを組織する前に、まず解決すべき課題を理解する必要があります。アプリ、Web サイト、デジタル ソリューションの構築方法を決定する際は、以下を念頭に置きます。
  • 常にシンプル — 少ない工数で大きな効果をもたらす用途を見つけます。
  • 連携を維持する — 関与する関係者を最小限にとどめ、セキュリティとガバナンスの弊害を回避します。
  • 関連性を保つ — それが迅速に解決するべき関連性の高い課題であることを確認します。
  1. チームを組織します。 問題解決に積極的で、少々の手間を厭わないチーム メンバーを集め始めます。彼らの役割は、さまざまな事業部門からのナレッジや、追跡に取り組むべき情報と正解を収集することです。ここで求められるロールを次に示します。
  • ニーズを理解し、その解決に必要な製品やアプリケーションを構築できる開発者。
  • 製品のナレッジだけでなく、ビジネス プロセスや顧客エクスペリエンスについても、問題点を含め、インサイトを提供するビジネスのリーダーとオーナー。
  • 製品のガバナンス、コンプライアンス、メンテナンスを主導する IT 管理者。
  • 全体像を把握して、技術的なガイダンスとリーダーシップを提供するアーキテクト。
  • 受け入れ基準をまとめ、機能を構築するデジタル製品の所有者。
  • アジャイル戦略を実装し、製品の構築と展開を加速するチーム リーダーとスクラム マスター。
  • 製品の品質と高い信頼性を保証するテスト担当者。
  • 経験の浅いチーム メンバーを指導し、アプリケーションのコーディングと構築を支援するトレーナー。
  • 円滑なユーザー エクスペリエンスと設計を実現する UX デザイナー。
  1. ロードマップを計画します。 作成して実装し、結果が得られるまでにかかる時間を判断します。これにより、推測に基づく非現実的な期限に振り回されることなく、トラブルシューティングを実施して、最も効果的なソリューションを判断する時間をチームにもたらします。
  1. 途中で発生する間違いを許容します。 フュージョン チームは、アプリケーションとソリューションのトレーニングと開発に必要な時間を考慮するだけでなく、障害物にも備える必要があります。つまりチームと組織は、ある程度の失敗に対応しなくてはいけません。チームがアジャイルな環境で作業することで、どのソリューションが最良の結果をもたらすかを常にテストして、必要に応じて方向転換する準備を整えられます。

開発サイクルの各段階を通じてフュージョン チームがナレッジを獲得すると、適切な意思決定に求められる合理的なビジネス事例を特定するために、コーチングとガイダンスが必要になります。また、開発者には、実践的なツールと、失敗、再評価、再挑戦を行うための余地が必要です。ここでビジネスがチーム メンバーの学習、能力開発、必要なトレーニングに投資できれば、この作業方法を浸透させて、メンバーは恐れることなくイノベーションと創造性を発揮できます。

フュージョン チームの導入事例

ビジネスにフュージョン チームを導入すると、行動、企業文化、組織に起因するデジタル リスクを管理する際に、人間的な要素をより重視できるようになります。

フュージョン チームの導入事例を次に示します。

  • データと分析。 労働市場の予測など、組織に所属する他のすべてのチームにインサイトを提供し、データに基づく意思決定を支援します。
  • デジタル チャネル。 ユーザー エクスペリエンスに注目してデジタル化できる領域を見つけ出し、マーケティング、営業、サービス、オンライン チャネルを統合して、カスタマイズしたエクスペリエンスと対象を絞ったマーケティングを提供します。
  • 業務のデジタル化。 サプライ チェーンの再設計など、業務のデジタル化を推進する追加の方法を見つけます。
  • デジタル製品 デジタル製品の開発など、顧客向けの製品とソリューションを提供し、メンテナンスを実施します。

ユーザーが求める機能を世界中のメンバーが提供するためのソリューションと、最新テクノロジを活用してメリットを引き出すツールが、チームに必要です。

フュージョン開発で最新テクノロジを活用する

グローバルにリモートで働く人材の増加にともない、職場で利用するテクノロジの数が急増しています。組織は新しいテクノロジに注目し、それがフュージョン チームにもたらす大きなメリットを認識し始めています。

その一例として、人工知能 (AI) を活用した堅牢なボット エクスペリエンスによる、顧客ニーズの管理が挙げられます。この製品は 会話型 AI により、人間が理解できる言語でユーザーに応答できます。

こうした会話型 AI ボットをフュージョン チームで作成すれば、他のチームもローコードでチャットボットを作成し、より高度な AI を統合してユーザー エクスペリエンスを充実させ、アプリケーションを構築可能になります。また、開発者は高度なコーディングに専念して、ビジネスは会話ロジックの価値を高めることができます。これらがすべてが連携して、ビジネスのニーズを満たすシームレスなプロセスを実現します。

フュージョン開発ソリューションの概要

ビジネスがフュージョン チームを組織する準備を整えたら、まず最初に使用するフュージョン開発ソリューションについて考えます。プロジェクトとビジネスの目標に簡単に適合し、円滑でシームレスな実装を実現するツールが必要になるでしょう。

たとえば、会話型 AI を搭載したボットの開発を検討している場合、あらゆるスキル レベルのフュージョン チームを支援する Microsoft Power Virtual Agents など、構築と拡張が容易なソリューションが求められます。また、既存のビジネス プロセスのボットを Microsoft Power Platform 全体の機能と統合するオプションは、理想的な業務の実現に必要な柔軟性と自由を、フュージョン チームに確実にもたらします。

よく寄せられる質問

フュージョン チームとは

フュージョン チームとは、テクノロジや分析をビジネス ナレッジと融合させて製品の完成を成功させるための、分野を横断したグループです。

フュージョン開発とは

ローコードと経験豊富な開発者の専門知識を、ユーザー フィードバックと組み合わせることで、企業は多彩な製品を構築し、成功に導くことができます。

フュージョン チームを組織するメリット

企業がフュージョン チームを組織すると、ローコードやノーコードのアプリケーションを活用して、より優れた製品やソリューションの構築を加速できます。

Power BI 営業担当者へのお問い合わせウィジェット